2017
04
28

一万アクセス ありがとう

このブログを始めたのは 昨年の5月3日でした
それから ブログ村さんにお世話になり 大勢の皆様においでいただくことができました
そして今日 1年になる前に 
1万アクセスを超しました

私の刺し子やこぎん刺しの技量が上がったかどうかは別として
どんなにか励みになったことか
お礼の申し上げようがありません






今話題になっている 「東北」 で生まれ育った 刺し子やこぎん刺しは
寒さは厳しいのに 十分な布が手に入らないという過酷な生活の中で
少しでも暖かく
少しでも長持ちするようにと
布に糸を刺して さして 刺して・・・

外で働く夫の無事を祈り
あどけない子供の健康を祈り
お米が欲しい
お金が欲しい
鳥のように空高く飛びたい

針を持ち
その願いを糸に込め 布に込め 
刺して さして 刺して・・・
女たちが思いを重ねて続けてきたものです





その刺し子やこぎん刺しに
たくさんの方が興味を持って下さった事
感謝したいと思います

ありがとうございました










スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2017/05/01(Mon) 22:39コーッターター☆ [ URL|Mail ]

    単なる手芸ではない、
    長い風土の歴史と、
    人々の深い願いで培われてきただけに、
    時を経て受け継がれ、
    魅了され続けていくのでしょうね(´▽`)。o0○

  3. コーッターター☆ さんへ

    2017/05/02(Tue) 09:10なみるり [ URL|Mail ]

    そんな風に感じていただけて嬉しいです

    それを感じられるのは やはり今の私の歳になってからのことなのでしょうね
    今は 何についても忙しくって
    若い人は そこまで感じずに 模様として刺しているようです

    受け継いでいってくれるといいなあと思っています

    おいでくださってありがとう


  4. 2017/05/04(Thu) 09:28はーちゃん [ URL|Mail ]

    刺し子の由来、初めて知りました。
    素敵ですね~

    少しでも暖かく
    少しでも長持ちするように

    外で働く夫の無事を祈り
    あどけない子供の健康を祈り
    お米が欲しい
    お金が欲しい
    鳥のように空高く飛びたい

    針を持ち
    その願いを糸に込め 布に込め 

    感動です。
    そんな意味があったんですね~
    上手く言葉が見つかりませんが、刺し子の魅力を再確認しました。

  5. はーちゃん さんへ

    2017/05/04(Thu) 22:36なみるり [ URL|Mail ]

    昔はね ものがなかったし
    お金もなかったので いろんなものを我慢したのでしょうね
    「米刺し」「銭刺し」「ちどり」などの刺し方があります

    「柿の花」「紫陽花刺し」など一目刺しと言われるものは
    米沢に伝わったものです
    私が習いに行っているところの先生は
    それを世に広めて方です

    私も先生も
    もう時間がないと焦りながら習いに行っています

    おいでくださってありがとう




  6. 昔の人の知恵ですね♪

    2017/05/06(Sat) 15:24在嶺結為 [ URL|Mail ]

    こんにちは(*^-^*)/
    初コメントさせていただきます。

    刺し子やこぎん刺しは東北生まれなんですね!
    日本全体の文化だと思っていたので初めて知りました。

    昔の文化は、気持ちと実用性を兼ねているように感じます。
    刺繍は綺麗なだけではなくて、そのように丁寧に作ったものは頑丈です。
    最近は簡単に物が手に入りますが、反面長持ちしにくくなりました。

    昔の知恵と最近新しく分かった発見を両方大切にすることが大事だと思います。
    なみるりさんのブログを拝見してそんなことに気付かされました。

    これからも昔から受け継がれる真心のこもったブログを楽しみにしています♪

  7. 在嶺結為 さんへ

    2017/05/06(Sat) 21:43なみるり [ URL|Mail ]

    こんばんは!
    コメントありがとうございます
    嬉しかったです

    刺し子は東北地方が発祥の地です
    刺し子もそうですが 
    こぎん刺しはまさに布にもう一枚布を重ねるように
    びっしりと糸を渡していきます
    寒くて 木綿ができなかったので
    麻の着物に糸を刺して暖かくしたと聞いています

    福島県にも雪の多い地方にあったものが一度途絶えましたが 
    茨城県から転居された人が復活されたそうです

    いずれにしても 昔の人の知恵ですね


    おいでくださってありがとう


  8. 初めまして♪

    2017/05/09(Tue) 01:16はりねずみ [ URL|Mail ]

    初めまして♪

    いつもなみるりさんのブログを拝見しています。
    このたびは、遅れ馳せながら1万アクセスおめでとうございます。

    布や糸が貴重だった時代から
    多くの女性たちの手によって
    願いを込めた刺し子が受け継がれてきたというお話を拝読し
    やはりお日さまや水に晒して
    生活の中で使ってこその刺し子だと(うまく言えませんが)
    そんな気持ちになりました。

    刺し子に惹かれてまだ日は浅いですが
    伝統柄を知るにつれて
    もっと多くの伝統柄を刺してみたい気持ちが湧いてきます。
    いま作っている花ふきんも
    印刷してある伝統柄の線を刺すものですが
    自分で図案を描いて作れるようになれたら…
    地道に頑張ります。

  9. はりねずみさんへ

    2017/05/09(Tue) 20:49なみるり [ URL|Mail ]

    こんばんは

    コメントありがとうございました
    いつもお伺いしておりますので なんだか初めてという気がしないのですが
    初めまして!

    刺し子を本格的に初めて1年になります
    私も自分で図案を描くなんて 考えたこともなかったのですが
    始めてみると さほど難しいものではありません
    どうぞ 布の上で自由に遊んでみてください
    線を描いて初めてその線がわかったっていうこともありました

    またおいでくださいね

    おいでくださってありがとう



Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

なみるり

Author:なみるり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR