DSC05297 - コピー

ご覧のとおり 糸巻きです
昔は和裁をした方が多くいたので 古い糸巻きが多く手に入ったのですが
今は それが難しい・・・そうで
こぎん教室に初めて行った時 
そんな話を聞きながら 先生に一枚だけいただきました

私の母は和裁をしていました
晩年は刺し子やパッチワーク 和紙工芸など
近所の方に教えてもらいながら いろんなことをしていました
実家を片付けるとき その残り物や 手を付けていないものなど
ひとまとめにして持ってきていました
母は戦前戦後を生きた人ですから もったいないという精神で いろんなものがありました

糸巻きもある程度あったのですが
こぎん刺しも刺し子も 糸の種類が多くなるにつれて間に合わなくなってきました
ということで 作り始めました

ある程度の厚紙を切り抜いて
母の遺した和紙を貼ってみました

二枚重ねて 中に一回り小さい紙を入れて ポケットを付けました
小さい紙切れが入っているのが見えると思いますが
ちょこっとしたメモや 糸番号などをここに入れることができるようにしました

いいでしょ

ただ気になるのは 糸を巻いたままにしておいたとき
色移りするのではないかという心配があります
その時はティッシュペーパーを中心部分に巻いて使えばOK です
今小さく見えるのは それを書いたメモです

DSC05298 - コピー

和紙を張らずに作ったものもあります
頂き物のお菓子やコーヒーなどの箱を使ったものです
これは和紙を張っていませんので 白い糸専用と思っています



同じ教室のお友達に配ったりしています


あ~あ
こんなことしないで こぎん刺しすればいいのに
という声が聞こえてきそうな 今日この頃で~す




 


     


          にほんブログ村




スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

なみるり

Author:なみるり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR